キャリアアップ助成金の変更点

厚生労働省の雇用関係助成金の中では比較的有名な「キャリアアップ助成金」について、令和3年度からの変更内容が発表されていますので、今回はこの内容について説明したいと思います。

この助成金には、支給対象となる措置に応じていくつかのコースが用意されていますが、令和3年度からのコース別の変更内容は次のとおりです。(新設されたコースもあります。)

1. 正社員化コース

一部の支給要件加算措置が次のような整理に変わっています。
支給要件については、一応、緩和されたと言えますが、賞与の考え方に注意する必要があります。

               これまでの支給要件(賃金増額要件)
正規雇用等へ転換等した際、転換等前の6か月と転換後の6か月の賃金を比較して、以下の①または②のいずれかが5%以上増額していること ①基本給および定額で支給されている諸手当(賞与を除く)を含む賃金の総額 ②基本給、定額で支給されている諸手当および賞与を含む賃金の総額(転換後の基本給 および定額で支給されている諸手当の合計額を、転換前と比較して低下させていないこ と)
              令和3年度からの支給要件(賃金増額要件)
正規雇用等へ転換等した際、転換等前の6か月と転換後の6か月の賃金(※)を比較して3%以上増額していること ※基本給および定額で支給されている諸手当を含む賃金の総額であり、賞与は含めないこと

2)加算措置の変更

①「若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合」の加算措置が廃止
②「勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定し、有期雇用労働者等を当該雇用区分に転換または直接雇用した場合」の加算措置の対象として、新たに「短時間正社員制度」が追加

2. 障害者正社員化コース

令和2年度末で廃止になった「障害者雇用安定助成金(障害者職場定着支援コース)」の「正規・無期転換」に関する措置が、「キャリアアップ助成金」の中に「障害者正社員化コース」として移設(新設)されました。

3. 健康診断制度コース

「諸手当制度等共通化コース」に統合されました。

4. 諸手当制度等共通化コース

上記で説明したとおり、「健康診断制度コース」と統合され、あわせて、一部の支給要件(対象手当)が次のような整理に変わっています。
※コースの名称も「諸手当制度共通化コース」から「諸手当制度共通化コース」に変更になりました。

               これまでの支給要件(対象手当)
①賞与、②役職手当、③特殊作業手当・特殊勤務手当、④精皆勤手当、⑤食事手当、⑥単 身赴任手当、⑦地域手当、⑧家族手当、⑨住宅手当、⑩時間外労働手当、⑪深夜・休日労 働手当
              令和3年度からの支給要件(対象手当)
①賞与(※1)、②家族手当(※2)、③住宅手当(※2)、④退職金(※3)、⑤健康診断制度 ※1 6か月分相当として50,000円以上支給した事業主が対象 ※2 1か月分相当として3,000円以上支給した事業主が対象 ※3 月3,000円以上積み立てを行った事業主が対象

5. 選択的適用拡大導入時処遇改善コース

このコースは、令和2年度までの暫定措置とされていましたが、一定の加算措置も含めて、令和4年9月末まで延長されることになりました。(ただし、従業員が100人を超える事業所は一部の加算措置を除いて令和3年9月末まで

6. 短時間労働者労働時間延長コース

このコースの一定の加算措置や1年度1事業所当たりの支給申請上限人数などについては令和2年度までの暫定措置とされていましたが、令和4年9月末まで延長されることになりました。(つまり、令和3年度もこれまでどおりということです。)

変更点の詳細については、厚生労働省のホームページでご確認ください。