産業雇用安定助成金(仮称)の創設

雇用調整助成金の特例が2月末より縮小する見通しですが、雇用シェア(在籍型出向)
を活用して雇用を維持する事業主に対し、新たな助成金が創設される予定となっています。

雇用調整助成金でも出向による雇用維持に対する助成がありましたが、助成されるのは出向元
のみでした。新しい助成金では出向元・受け入れ先両方が助成されます。

在籍出向による雇用シェアを検討している企業にとっては活用が期待される助成金となっています。 
(第三次補正予算の成立などによって、創設が決定するため、あくまで「創設予定」である点に留意)

【出典】産業雇用安定助成金(仮称)の創設/厚生労働省