いぶすき労務管理事務所

2020年8月7日

毎日の業務に不安はありませんか?

鹿児島で人事労務手続き代行はもちろん、働き方改革・是正勧告・就業規則・給料計算・助成金・労務相談…
お任せください。

労務管理や助成金の手続きはとても煩雑です。労務関係の毎年の改正も悩みの種です。
その悩みを解決する手助けをしたい!それが当事務所の願いです。
従業員が定着するクリア企業にいたしましょう!

事務所からのお知らせ

人事労務ステーション発送のご案内

8月の事務所通信「人事労務ステーション」は、 2020年8月12日発送させていただきます。 同封の内容について、御一読いただきますようお願い申し上げます。

FAXステーション配信のご案内

当事務所FAXステーションは、8月1日8時30分より配信させていただきます。 どうぞ宜しくお願い致します。

夏季休業期間のご案内

当事務所では以下の期間中を夏季休業期間とさせていただきます。 夏季休業期間:8月13日(木)~8月16日(日) 休業期間中、何かとご不便をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金

5月の緊急事態宣言の延長等により  売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、           地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給されます。 https://www.meti.go.jp/co […]

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html 事業主の命により休業しており、休業手当を受け取ることができない労働者の方の生活の安定及び保護の観点から直接申請が可能な制度とし […]

事務所からのお知らせ

コメントなし

賃上げ+革新投資なら 法人税、実質負担20%に下げ

コメントなし

労働契約法改正「無期労働契約への転換」とは

コメントなし

いぶすき労務管理事務所が選ばれる5つの理由

2016年4月から2020年3月までの4年間にサポートした助成金の受給金額は3憶5000万円。助成金に強い社会保険労務士事務所であり、提案力には自信があります。

解約が極めて少ないのが事務所の特徴です。お客様からの支持の現れと、有難く受け止めています。

技術的、物理的、人的、組織的と多岐にわたり、Pマークを取得できるレベルの対策を講じています。

士業他、多くのネットワークがあるからこそ、多くの問題が解決できます。事例はこちら→

代表者「上岡ひとみ」は経済産業省が認定した認定支援機関です。 人事・労務にだけにとどまらないサポートの提供が可能です。

いま、おすすめの助成金・補助金情報

雇用調整助成金:新型コロナウィルス感染症特例

“返済不要” の助成金を活用して “労働環境等の改善”に取り組みませんか? 雇用調整を余儀なくされた事業主の方に対し、労働者の失業の予防を図るため、休業・教育訓練・出向等を実施した場合、賃金負担の一部が助成される可能性が […]

コメントなし

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

“返済不要” の助成金を活用して “労働環境等の改善”に取り組みませんか? 有期契約労働者等等を正規雇用労働者や多様な正社員等に転換。または直接雇用した場合に受給の可能性があります! 受給できる事業主 ※下記以外にも、雇 […]

コメントなし

ものづくり補助金でそうですね

阿部さんが1万件分のものづくり補助金を補正予算の中に盛り込むと商工会の全国大会で発言したらしいです。 これはほぼ間違いなさそうですね。 平成28年の例でいきますと、応募期間が11/14~1/17 採択件数6157件 採択 […]

コメントなし

各種サポート

農業サポート

農業(畜産・水産含む)の労務管理は特殊です。注意しなければならないのは、労働時間・休憩・休日以外の労働基準法は、適用されます。

保育園サポート

有資格者でないと収入につながらないなど、専門職の確保が難しい時代です。保育園によって違いはありますが、共通の悩みを解説してみたいと思います。

建設業サポート

建設業は多重構造で一つ一つの職種が特化されています。それぞれの規模や特徴において、それに合った労務管理が必要だと思います。

特別加入・建設業ひとり親方

安い組合費で労災保険加入負担を軽減。簡単申込みで最短翌日加入の迅速手続き。建設業で働く一人親方さんを応援します。

是正勧告

是正勧告は行政処分ではなく、行政指導ですから強制力はありません。ですが各法律による罰則が科される恐れもあり、放置をすることは危険です。

労務相談

採用時の労務トラブル防止、退職時、兼業・副業の注意点、パート労働者の社会保険と税金など、実際の相談に対する回答例です。