士業ネットワーク

2020年6月28日

いぶすき社会保険労務士事務所では、中小企業の経営者の皆様の問題解決のお役にたてるよう、弁護士・税理士・行政書士・司法書士などの士業や経営コンサルタント等とネットワークを形成しています。

士業ネットワーク問題解決事例

宿泊業・外国雇用の例

日本の専門学校のホテルビジネス課の外国人学生を、新規採用するにあたって、就労ビザがネックとなった。ご相談をいただいたため、就労ビザに強い行政書士さんをご紹介して、無事に外国人雇用ができた。

保育園・NPO法人成立

認可保育園の認可を得るのに付随して、法人格があった方が有利ではないかと、推量されたため、4月のNPO法人成立を目指して、行政書士の先生に無理をお願いした。定款の公示期間の関係で、書類の準備期間が10日ほどしかなかったが、無理を聞いていただけた。

農林水産・産業廃棄物の事例

農林水産業で糞尿の始末のため、産業廃棄物の許可が必要になり、産業廃棄物専門の行政書士さんをご紹介。3か月ほどで無事に許可を取得できた。

リース物件をめぐるトラブル

3000万円のリース物件をめぐるトラブルで、毎月100万円の弁護士報酬を支払っていたが1年半経っても一向に解決のめどがたたないと、相談があった。知人の弁護士を紹介したところ、半年ほどでかつ、安価で解決の目途がたった。

施設の使用目的変更の事例

介護施設を別目的の施設として利用するために、消防法などがネックとなった。行政に強い行政書士さんをご紹介し、代替案を提示していただき、業種の転換が図れた。

事業承継をめぐる問題解決事例

社内体制の内部環境と外部環境を注視して、次期社内体制の助言を行った。経営者の個人資産と企業資産について、方向性の助言を行い、事業承継と相続に強い税理士、司法書士、不動産の紹介を行った。

外国人人材採用についての事例

外国人を直接雇用行いたいという、農業法人からの要請にともない、外国人雇用に強い、行政書士さんの紹介し、海外へのネットワークとスタッフをお持ちの弁護士の先生の紹介を行った。

セクハラをめぐるトラブル

アルバイト女性に、性的な言動を繰り返していた男性従業員に対する懲戒や慰謝料をめぐる問題で、軽犯罪法に詳しい弁護士をご紹介し、男性従業員への対処が非常にスムーズにいった。

アライアンスパートナー募集

当事務所ではアライアンスパートナーを募集しています。
どのようなアライアンスを組むかは、貴殿のご要望におまかせしています。
下記を参考にしてください。お気軽にお問い合わせくださいませ。

  • 税理士事務所K様
    うちのクライアントが助成金に該当しないか、診断してほしい
  • 税理士事務所T様
    税理士をさがしている企業があれば、紹介してほしい
  • 行政書士事務所T様
    建設業の許可申請をメインにしているので、もしも、許可申請をしたい企業があれば、紹介してほしい
  • 販促コンサルタントT様
    販売促進に困っている企業があれば、紹介してほしい
  • 浄水器販売会社B社様
    当社の浄水器を取り扱ってくれる企業があれば、紹介してほしい
  • 研修講師A様
    新入社員研修をメインにしているので、ニーズがある企業様があれば、ご紹介いただきたい

アライアンスパートナーお申し込みは下記よりお願いいたします。全て必須項目となります。

●企業名または個人名

●住所

●電話番号
- -

●メールアドレス

●当事務所にして欲しいこと

●当事務所に提供していただけること


プライバシーポリシーに関してはこちらから→ご確認ください。