助成金について

2020年6月26日

2016年度から2020年度の5年間にサポートした助成金の受給金額は3憶5000万円。助成金に強い社会保険労務士事務所であり、提案力には自信があります。

補助金・助成金については、申請期限・締め切りがございます。
余裕を持って、お早目のご相談をお願いいたします。


1.助成金とは

助成金は、確かな定義はありませんが、厚生労働省管轄の助成金を指すことが多いです。
厚生労働省管轄の助成金は、雇用保険料を財源として、雇用の安定、雇用の促進などの目的のために再分配されるお金です。

助成金のメリット

返済不要で使途は問われません。運用資金にしてもよいし設備投資にしてもかまいません。
よりよい企業の経営環境を整えるために是非活用してください。

助成金と補助金の違い

決まった定義はありませんが、補助金は経済産業省のものをいうことが大きく、助成金は厚生労働省のものを指すことが多いです。

補助金は、採択式であることが多く、採択を受けられるかどうかはわかりません。
一方助成金は、要件をはずさなければ受給が可能となります。

助成金を受給可能な企業とは

① 賃金台帳や出勤簿など必要な書類が整備されている
② 就業規則が整備されている
③ 1年間に労働法違反がない
④ 2年間の労働保険料の滞納がない
⑤ 性風俗・暴力団関係者等ではない
⑥ 3年間に不正受給がない
  ※助成金の種類によって多少異なります。

助成金診断の流れ

① ヒアリング
② 可能性のある助成金のご提案
③ 出勤簿・賃金台帳・就業規則の問題点洗出し
④ 最終提案
⑤ ご契約
⑥ 取組や制度導入など実施
⑦ 支給申請


2.助成金Q&A

Q1.面倒くさいんじゃないの?

面倒くさいです(笑)。
お国にはお金を納めて当たり前。国からお金をもらうのは大変です。
ですから我々がいます。一定の物はお願いせざるをえませんが、最大限のお手伝いをさせていただきます。

Q2.うちも該当するのかしら?

診断させていただきます。助成金は国の政策などにより、毎年変わっていくものです。該当するものがあるかどうかは分かりませんので、診断をさせていただきます。 
診断をメールで申し込む✉
診断をTELで申し込む
もしもない場合でも、次の年に該当しそうなものがあれば、お声をかけさせていただきます。

Q3.あとで調査があるのでは?

可能性はあります。
ただし、必要な書類がきちんとそろっていれば何の問題もありません。

当事務所では業務終了後、提出した書類をファイリングしてお渡ししています。助成金受給後5年間保管してください。

助成金受給を契機として、社内の法的整備を整えれば、会社はますますよくなっていきます。
そのお手伝いもさせていただきます。