助成金を活用してみたいと、お考えの経営者の皆様へ

助成金は、使途の指定もなく、返済も不要な国のお金です。国には、お金を納めてあたりまえで、国のお金をもらえるなんて、それは怪しいと、思われる方もおられることでしょう。
一方で、そういう国のお金を徹底活用しておられる企業様もあります。

その違いは何でしょう。

知識があるかないかです。

しかし、経営者の仕事は多岐にわたり、考えなければならないことは山のようにあります。助成金のことなんて考えている暇はないのです。ですから、我々のような専門家がいる訳です。

私たちが提案しても、どうしても助成金を活用できない企業様もあります。それは、労働時間も曖昧、休日も曖昧、残業の計算も曖昧、という企業様です。

助成金は国のお金です
「だいたい」の労務管理では、国のお金をもらうのは無理なのです。

今、雇用環境は厳しさを増しています。曖昧な労務管理は、労使のトラブルの元です。弁護士の先生方も残業代の不払い請求を熱心に取り組んでおられます。退職後、労働組合などに駆け込まれて、残業代の交渉が2年にも及ぶようなケースもあります。

今年の4月から、労働時間の管理が義務化されました。
つまり、残業代の計算も適切な管理が求められるということです。
「だいたい」の労務管理では、身を守ることはできないのです。

また、人手不足の中で、「ホワイト企業」を目指さなければ、若い人の定着は望めません。
若い人が定着してくれるような企業でなければ、企業の発展は望めません。

助成金を受給できるような雇用環境を整えることは、御社の発展につながります。