運をあげる

運・不運って、あります。

若い人は、「運」「不運」信じない傾向にあります。
すべてを「必然」と、捉えているようです。

でも、成功者ほど「運」を信じている人種は
いないのではないかと思うのです。

10年連続納税日本一になった、
斎藤一人さんは
机の横に常に鏡をおいていて、
難しい顔にならないか、
常に笑顔でいるために、
自分自身をチェックしているといいます。
それも、「運」のためです

「運」大切です。

「運」をよくするために、
貴方は何をすべきですか?

一段上の人間性を目指して精進することは
「運」がよくなることにつながります。

そして、最も、大切なのは、
『日々の感謝です』

自分を幸せにしたい人
今まで、恵まれなかったと感じているひと

一段上の人間をめざすことと
日々の感謝、心がけたいと思います。