助成金は助成金だけで終わるともったいない~65歳超雇用推進助成金の例で~

2021年10月29日

弊事務所は、助成金は大きな実績がございます。
様々な経験を積んでまいりました。

そこで言いたいのが、
「助成金を助成金だけで終わらせるな」ということです。

助成金の制度趣旨を理解しましょう

助成金の制度趣旨をしっかりと理解して、
企業の発展のための礎の一つにしていただければと願います。

分かりやすく例でいうと、
「65歳超雇用推進助成金」という、「定年延長」の助成金があります。

少子高齢化で働き手が年々減少しています。
働く人がいないとなると、自然な流れとして、
「高齢者に頑張ってもらおう」ということになろうかと思います。

しかし、本当にいいのですか?

助成金を活用する前に…

企業戦略として、「高齢者活躍」なら、ルールはどうしますか?

  • 職務の範囲と責任
  • 賃金の在り方
  • 役職定年制
  • 勤務時間

などなど

助成金ありきではなく、様々なルールを検討してから手掛けるべきです。
それぞれの助成金を切り口に
自社をもっともっと、発展させていきましょう。

私たちの事務所も、お手伝いさせていただけますと嬉しいです。

就業規則に関するお問い合わせはこちら