エースで4番ばかりが選手ではないのです

毎日のように、「人がたりない。誰かいい人がいないか」と、問いかけられます。

確かに、労働力の不足は深刻です。
都会より田舎の方が深刻のように感じています。

「よい人がいないか」の、話をしていて、ときたま、感じることがあります。
それは、「エースで4番」を求めすぎているのではないかということです。

組織はチームです。

打率の高いヒット名人
芸術的なバント職人
俊足の盗塁スペシャリスト
守りのかなめのキャッチャー
外野からの返球でランナーを刺す強肩外野手

大谷翔平選手のような、エースで4番は、そうそう存在しないのです。

チームの一員としての人材を選んで、育ててみてはいかがでしょうか?

バント職人を育てているつもりで、
5年、10年と経ったとき…
いつの間にか、エースで4番が育っているかもしれませんよ。

私たちの事務所も、お手伝いさせていただけますと、嬉しいです。

就業規則に関するお問い合わせはこちら