売上の最大化より利益の最大化

コロナ禍の中、
営業の短縮などを強いられて経営が厳しい企業様も
多くあるのではないかと、思います。

税金や社会保険料の延納申請などあらゆる支払いを
先延ばしにしているという企業様もおられると思います。

今は、税金や社会保険料の支払いを先延ばししていても、
コロナ終息後、先延ばしの措置が終われば、返済が始まります。
コロナ特例融資で借りた資金も、2023年には、無利息期間が終わります。

少子高齢化の中、労働力も不足しています。

様々な支払いや、労働力不足を考えますと、
「売上」より「利益」に着目した経営にシフトせざるを得ません。

「利益」を最大化するためには、
高付加価値で適正利益をとれる商品が必要になります。

適正利益をとれる商品は、特徴が必要です。
誤解を恐れずにいうならば、「振り切った商品」となります。

「振り切る」経営、「振り切る」商品、
いずれも、勇気と決断が必要です。

「振り切る」と、ターゲット数は減ります。
しかし、高確率で選ばれることになります。
わかりやすく言うなら、
1000人がターゲットで、10人に選ばれるか、
100人がターゲットで12人に選ばれるか、ということです。

選ばれるために、振り切りましょう。

我々も、「労務管理」「労務相談」に振り切ります。

当事務所の強みは、こちらリンク

就業規則に関するお問い合わせはこちら