守秘義務研修

2022年5月19日
全体ミーティングを行いました。

当事務所の全体ミーティングは、毎月第3木曜日と決まっています。

全体ミーティングでは、
全職員へのお知らせ事項の周知や、
社内ルールの再確認などがあります。

恒例として、全体ミーティングの最初は、守秘義務の確認から入ります。


個人情報取扱事業者として、
当事務所では、情報漏洩がないように、
ファイヤーウォールなどをはじめ、

情報セキュリティー面ではかなり高いセキュリティーが構築されています。
金銭的にも、結構な金額をかけています。

しかし、情報漏洩は、
ウィルスなどの外的な要因より
内的な要因が多いとされています。

税理士より社会保険労務士の方が
企業様や従業員さんの様々な、情報を知る者です。

つまり、職員の守秘義務の徹底は、
都市部の社労士事務所よりも、
地方都市事務所を置く、社会保険労務士にとって、
より重要な至上命題であると、考えています。

なので、毎月毎月、同じような

「守秘義務とはなんですか?
 そのためにどの様な行動をとりますか?」

と、毎月毎月、私に聞かれます。

最初に当たった人は、たくさんの答えの中から簡単にこたえることができますが、
後からあたる人は、ほとんどの答えがでてしまっていて、
四苦八苦するということになります(笑)

職員のみなさんには、

「私に、毎月、同じことを聞かれて、大変でしょう。
 耳タコでしょう。
 でも、わかっていても、毎月、相互に確認して、
 自覚を新たにしていきましょうね。」

と、お願いしています。

今月の最後に当たった職員は.〇〇.
お疲れ様(笑)


お問い合わせは下記のお問合せフォームから

就業規則に関するお問い合わせはこちら