人手不足確保のための労働時間の見直し相談

人手不足が止まりません。


日本の人口動態を見れば、今年より来年、来年より再来年と、
従業員の確保が難しくなっていくのは、歴然です。

それらを踏まえて、労働時間をどうしていこうか、
という、 ご相談が非常に増えてまいりました。
(個人的には、建設業からのご相談が多い、印象です。)


労働時間の削減については、いくつかの視点があります。

  1. 工程の見直しや、現場オペレーションの見直しによって、労働時間を削減する方法
  2. 業務をアウトソーシングすることによって、業務そのものを削減する方法
  3. 変形労働時間を見直すことによる、残業時間の削減

当社でお役に立てるのは、2と3です。


しかしながら、今回の話題は、「残業時間の削減」という観点ではなく

今の若い世代にも受け入れられるような企業を作るために、

「労働時間そのものを減らしてしまおう」というもです。


例えて、わかりやすく言うならば、

所定労働時間数2085時間を、1800時間に圧縮しましょう。

というものです。

圧縮の方法は、1日を短縮する方法や、
休日を増やす方法など、が考えられます。

経営者としては、経営が格段に良くなったとかいうのであれば、
上記のような、労働時間の圧縮は、
従業員への還元の一つの手段として、容易に取れます。

でも、経営がよくなったわけでもないし、
人手は不足しているのに、
労働時間を圧縮しなければならない…

という、場面です。


外部環境の変化に対応するための、「勇気ある決断」となります。

最低賃金もどんどんあがってきますし、
経営環境は、厳しくなってきます。
それでも、実質賃金をあげていくと、なります。

このような「厳しい選択」という、場面においても、
眉を「ハの字」に、するのではなく、
是非、この状況を楽しんでまいりましょう!


お問い合わせは下記のお問合せフォームから

就業規則に関するお問い合わせはこちら