人のために尽くす

社労士会でちょっと悲しい事件がありました。

ベテランの先生が、労働保険料を着服したというものです。
なんてことでしょう!

思い出すと、優しそうなおじいちゃん先生でした。
人様のお金を着服せねばならないほど、生活に困っていたのか?

多分、何のために働くのか、
という理念を忘れたのではないかと思うのです。

「あなたは何のために働きますか?」

〇食べるため
〇生活の為
〇老後のため
〇子供の教育のため

どれも正解です。
でも、どれも少し違うような気がします。

人生の1/3は、働く時間です。
もしも、貴方の答えが「食べるため」なら、
貴方の人生は振り返った時、
「食べるための人生でした。」となってしまいます。

この世に生を受けたからには、
だれもが、「人のために役に立ちたい」と、思っています。

なら、「貴方は、何のために働くのですか?」

「人の役にたつために働く」と、答えたいです。

仕事を通じて、社会の役に立つからこそ、事業が成立します。

すべての仕事は、社会のために役立っているはずです。

役立っていると実感できる、「社会保険労務士」という仕事を
私はとても大切に思っています。