思いを致す

以前、助成金でうまくいかなくなりそうだったときに、

「経営者の気持ちを、もっとわかる努力をして欲しい」

と、言われたことがあります。飲食店でした。
(最後にはいい結果をお届けできてほっとしたのですが・・)

売上のこと、設備投資のこと、メニュー開発のこと、経費のこと、人材育成のこと
中小零細の企業の社長は、様々なことを
いっぱいいっぱい考えています。

最近は、売上が落ちているのに、人件費があがり、
自分の給料を下げるところもすくなくありません。

そういう、経営者の苦しい心境を、想像してみることを
「思いを致す」という表現方法があります。

要は、想像してみる。
現在風にいうと、チェンジ・ザ・チェアー。

経営者だけではない。
時として、そこに勤める従業員さんや
社内の同僚、
社内の上司、
ご家族にも
「想いを致す」忘れないでいたいと、思います。