情熱を失う時

先日のブログ「若さって何だろう」で、

89歳で社会保険労務士を隠退して、
94歳で亡くなった私の恩師の話をしました。


89歳で引退するとき、

「目が悪くなってきて、社会に迷惑をかけないうちに
 運転免許をお返しすることにした。
 ついては、社労士バッジも一緒にお返ししようと思う」

と仰った。

私は、近隣の顧問先さんだけでも、残されてはどうですかと、聞いてみたが、

「引き際だ」

と仰った。

私にも、いずれ、社労士バッジをお返しするときがくると思います。
でも、今ではない。

なぜ?

…何故なら、「欲があるから」

顧問先様を、より良くしていきたい、という欲
顧問先様を、より良くしていくことで、社会に貢献したい、という欲
顧問先様に勤める従業員さんに、お困りごとがあれば、社会制度や研修などを通じて、ひとりでも多くの人を、サポートしたい、という欲
職員のみんなを、より良くしていきたい、という欲

「欲」ともいえるし、もっと、かっこよく言えば、「情熱」

「情熱」を失うときまで、頑張りたいです。

貴方の「欲」「情熱」は、なんですか?
それをいくつままで、持ち続けていられますか?


お問い合わせは下記のお問合せフォームから

就業規則に関するお問い合わせはこちら