価値観の違いをすり合わせる ~納得を得る姿勢が必要です~

上司は、Aという方法で、Bという結果を出せと、考えてます。

でも部下は、Bという結果が同じなら、
「Aという方法でなくてもよいのでは?」と、考えています。

これは、価値観の違いと、言えます。

この場合、上司はどうしたらよいでしょう?

①自分のやり方をおしつける

②部下に妥協する

③話し合う

あなたなら、どの選択肢を選びますか?

どれも間違いではありません。 理想的な答えは、
「話し合う」でしょう。

「Aという方法が効率的であるから、この方法でやってはくれないか?」と、
まずは、問いかけてみる。
そして、その部下の反論に耳を傾けてみる

部下の反論が、「もっとも」であるならば、部下の意見を認める。
部下の反論が、「違う」と、おもえば、言って聞かして、納得を得る。

という 姿勢が求められます。

今時代の若者は、「個性をのばせ」と、教育されています。
十把一絡げではなく、オーダーメードの教育が求められていると思います。

忍耐辛抱根気強さが必要です。
社内の人材育成は、社会貢献であるともいえます。

がんばりましょう!

当事務所の強みは、こちらリンク

就業規則に関するお問い合わせはこちら